段ボール箱の積上げ劣化②

:段ボール箱の積み付けパターンの違いによる圧縮強度の変化を図に表しています。

:一番強度が発揮されるのは、ブロック積み(物流の世界では「棒積み」と言われています)で、

:80%の強度が保持できますが、積上げた商品の安定性では一番不安がられている積み方です。

:一番強度が下がるのは、ピンホール積みまたは風車積みと言われる積み方で、強度は40%まで

下がってしまいます。 商品の積上げ安定性では一番安心出来る形で、最も頻繁に用いられてい

るのですが。。。。

:荷役作業の効率と安全性が相反する効果として表れています。


画像




:他の交互列積み、レンガ積み、スプリット積みは50%となっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック